その他の介護保険タクシーFCオーナーたち

その他の介護保険タクシーFCオーナーたち

55歳以上の雇用を確保するために新たに社内起業を起こし、介護保険タクシー事業を行った造船会社のお話し

ある造船会社のお話し


改正高年齢者雇用安定法の制定
政府は、「改正高年齢者雇用安定法」を制定した。
希望者全員を65歳まで雇用する制度の導入が義務づけられたことで、今まで働いていただいた社員に対し65歳まで継続して働いてもらう制度です。

社内起業とは
造船会社は重たいものなどを持つ体力的な仕事ですから、55歳以上になると体が少しづつですが体力が減少して対応できなくなります。
会社側としたら、できるだけ今まで通りに65歳までに務めていただきたいのだが、そういう理由にもいかないので、体力にあった事業を新たに立ち上げ(社内起業)雇用を確保することに決定した。

対象となる事業については、先ず55歳以上でも働けること、将来において需要があること、地域に貢献できること、収益もそれなりに確保できることなどを考慮にいれて事業を選択した。

上記の条件をクリアーできる事業を何社か取り上げた。

特に、何分にもこの分野は初めてなので、未経験でも確実に開業できる制度のある事業を導入することにした。

何回か会議を開き精査した。

結果、NPO法人福祉グループコアラが行っている介護保険タクシーFC事業に参加を決定した。

決定した最大の理由は、介護保険タクシー事業を経営している経営者にお会いした時でした。
経営者の方が介護保険タクシーの事業について熱くお話をしたときにいけると思い決定いたしました。

これからはお年寄りが増加することもあり、地域の介護福祉の事業に参加し貢献することで事業が成り立つことに興味が湧いたことも事実です。

また、開業するのにも小資本で開業できる点もメリットがあった。


画像の説明
画像の説明 画像の説明

重工業から介護保険タクシーの世界へ

画像の説明

造船会社の55歳以上の社員を社内起業により介護保険タクシー事業に移って65歳までに雇用を継続できる。

資料請求はこちらをクリック








467
a:467 t:1 y:0